2010年09月11日

「すくも」作り=ジーンズショップ藍染めの挑戦

藍を作って 乾燥させ
葉だけを摘み取り、発酵させ「すくも」にする。

葉には「インジカン」があり それが変化して「インドキシル」になり
生葉染めができるが 30分で藍色は消える。

それを「インジゴ」にし 保存できるようにするのが
「すくも」作りだ。

「高田式速成すくも作り」を教えてもらった。

90Lのポリバケツを使い
3kgの藍の乾燥葉。(のつもりだったけど 2回収穫してやっと2.8kgだった。これで勘弁してもらおう。

10-9-11.jpg
水を入れよく混ぜ 湿らせ 発酵させる。

やっぱり葉の量が少ないかな と思いつつ。

発酵熱は60度まで上るらしい。
上らなくてはだめだけど
上りすぎてもだめらしい。

上にフタをして 回りには毛布をまいて 下には発泡スチロール板をしいて。

うまくできるだろうか。

ジーンズショップアメリカ屋の藍染めの挑戦
posted by ジーンズママ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 藍染めの挑戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40647876

この記事へのトラックバック